自分達らしい披露宴スタイルを

挙式後に行う披露宴のスタイルはさまざまです。結婚するふたりのニーズや希望に合わせた新しいスタイルが次々と生まれてきています。通常は、挙式と披露宴を同じ日に行いますが、最近では挙式と披露宴それぞれにこだわり、別々の日に行うスタイルも増えてきています。例えば、海外で挙式をし、そのまま新婚旅行に行って帰国後に披露パーティを行うケースや、こだわりの神社で親族とともに挙式をし、その日はお互いの親族との会食会を行い、別の日にレストランを貸し切って友人知人を招待して披露パーティを行うケースなど、挙式と披露宴の日を別にすることで、よりふたりが納得できるスタイルに近付けているようです。

しかし、披露宴を行う場合、その目的は「ふたりの結婚を報告する」ことであるのを忘れてはいけません。ふたりが希望する演出や理想が叶う結婚式を目指す中でも、招待客へのおもてなしの気持ちを第一に考えましょう。ふたりの満足度とゲストの満足度は異なります。ふたりを祝福するためにわざわざ来ていただいた招待客に、心から楽しんでもらえる結婚式になるように心配りをしましょう。

SUR 奈良高校合格を目指す方
奈良高校合格コース