見積もりをもらう

招待客数が具体的に見えてきたら、気に入った会場から見積もりをもらいましょう。挙式希望の日にちと、招待客数を明確に伝えます。見積もりもらうまでの段階になったら、気に入った会場には仮予約をしましょう。基本的に仮予約は無料です。キャンセル料も発生しません。気に入った会場で希望の日取りが空いていたらチャンスです。

見積もりの確認のしかた

見積もりは同時期にほぼ同じ内容で2〜3会場からもらい、比較検討をしましょう。その際に合計金額ではなく、項目ごとにチェックすることが大切です。パックプランも会場によって含まれている項目が異なるので、どのような項目が含まれているかを確認します。何が含まれていて、どのような項目を追加しなければならないのかを細かくチェックします。また、その項目がどのくらいのランクのものかも考慮して比較します。

http://www.aeonet.co.jp/kids/
子供英会話ならここで学ぶ

見積もりは段階に分けてもらう

最初にもらう見積もりは、パックプランを利用した最小限のアイテムのみの内容です。お色直しの衣裳や、演出サービスなどが入っていません。最初の見積もりは気になる会場の相場を比較するためのもので、実際にかかる費用からはかけ離れています。

『天王寺高校』のことを知るならこちらがイチオシ

1回目の見積もりで、検討している会場の相場が見えてくると思います。大幅に予算に見合わない会場は、この段階で検討から外します。そして、引き続き検討する会場のプランナーに相談しながら、イメージする披露宴を実現させるためのプランを立て、再度見積もりを提出してもらいます。衣裳やブーケの数、行いたい演出などグレードも考えて追加してもらいます。ここでのポイントは、迷う項目があればとりあえず見積もりにいれてもらうことです。予算は、後から追加項目が増えてやりくりするよりも、不要なアイテムを削って調整するほうが楽です。気になる項目はいったん全部いれてもらいましょう。

また、項目を充実させるだけでなく、同時に「グレードの確認」も行ってください。グレードが3段階に分かれている場合、人間の心理として真ん中のグレードを選択して安心してしまいがちですが、実際にそのグレードにしたらどのレベルのサービスが受けられるのかを把握する必要があります。以下の内容をチェックしてグレードを確認しましょう。

■料理/品数、食材、盛り付け、食器■フリードリンク/ドリンクの種類、ウエルカムドリンクの有無、乾杯ドリンクの有無■衣裳/何着の中から選べるのか、素材、質、アクセサリー類を含むかどうか■装花/花の種類、花器、ボリューム、見本の写真■写真/何カット分の撮影か、データはもらえるか、お支度、挙式、披露宴、お開きまで含まれるのか■演出/追加で必要な機材代が発生しないかどうか

項目を充実させグレードも確認できたら、会場を決定しましょう。会場を決めたら、もっと具体的にプランナーと相談しながら演出や項目、グレードを調整して予算に合わせていきます。