家族への報告

ふたりの結婚への意志が固まったら、まず、お互い自分の家族に報告をしましょう。お付き合いしている人として、既に家族に紹介している場合もあるでしょうが、このとき初めて相手を家族に紹介する場合もあるでしょう。結婚するということは、家族が増えるということです。いきなり知らない人を紹介するのは、家族に対してマナー違反です。彼や彼女が挨拶に来る前に、「結婚したい人がいる」という自分の気持ちを伝え、どんな相手かをきちんと家族に伝えておきましょう。

子供英会話イーオンキッズ
子供の英語力アップに

両親へのご挨拶

訪問の日時はご家族の都合に合わせますが、はじめに男性が女性宅に伺い挨拶をするのが一般的です。しかし、お互いの実家の場所や家族の都合によっては、やむをえず男性宅への訪問日が先になってしまう場合もあるでしょう。そのときは、事前に女性側のご家族にその旨を伝えご理解を頂きておきましょう。また、訪問まえには手土産を用意しておきます。3千円〜5千円の範囲で、家族の好きなお菓子やお酒などを選びます。慌てるといけないので、訪問の3日前までには買いそろえておきましょう。

結婚報告の訪問はとても緊張します。当日しどろもどろにならないように、結婚したい気持ちをどう伝えるのか事前に考えておきましょう。基本的には「ふたりに結婚の意志があること」「ふたりの結婚を承諾してほしいこと」の2点ですが、自分の言葉で誠実な想いが伝わるように練習しておくことをお勧めします。

お互いの両親に結婚の承諾を得て初めて、ふたりの結婚は現実的になり前進することができます。