仏前式とは

人と人のご縁は前世からの深い関わりによるものという仏教の教えに基づき、仏と先祖の前で結婚を報告し、感謝する仏教スタイルです。ふたりの縁を結びつけてくれた先祖に感謝する、昔から行われてきた厳かな挙式です。仏前式を挙げる場合、信者や檀家でなくても、仏教の教えを信じる人であれば挙式は可能です。もし、両家とも仏教信仰であっても、必ず宗派を確認しましょう。同じ仏教でも、「浄土真宗」「浄土宗」「真言宗」などさまざまな宗派があり、儀式の形式も多少異なります。

仏前式のスタイル

仏前式は、本来は先祖代々のお墓のある菩薩寺で行いますが、ゆかりのある大きな寺院にも相談することができます。また、自宅に僧侶を招いて行う場合もあります。ホテルや結婚式場では仏前式に対応していないことが多いので、挙式後に披露宴会場までの移動が必要となります。基本的には親族のみの参列で行います。衣裳は自由なのですが、紋付袴と白無垢で揃えるのが一般的です。また、とても静寂で慎ましい雰囲気の中で行われます。

『ウェディングドレス 販売』の人気のサイトならココ
http://la-reine.jp/wp/news/

儀式の内容

念珠(数珠)を受けて焼香をし、誓杯を交わします。

■啓百文(けいびゃくもん)の朗読本尊に申し上げる言葉、啓百文を僧侶が読み上げ、結婚の報告と加護を願います。■念珠授与(ねんじゅじゅよ)僧侶から仏前に供えられている念珠(数珠)が新郎新婦に授与されます。■司婚の辞僧侶の問いかけに新郎新婦が答える形で、結婚を誓います。■新郎新婦の焼香新郎、新婦の順に焼香を行います。

これは主な結婚を誓う儀式です。この他にも、杯を交わしたり説話があったりとします。神聖な儀式ですので、儀式の内容や意味を事前に勉強したり、自分たちの先祖についてを知ったりと、ふたりが結ばれたご縁に感謝する気持ちを深めましょう。

仏前式の特徴

【メリット】・両家への理解が深まる・厳かな雰囲気の中での儀式で、「家」への愛着が深まる【デメリット】・式場探しに手間がかかる

仏前式の予算

挙式する場合は、5万〜10万円ぐらいが相場です。またこれとは別に僧侶に2万〜3万円ほどのお礼を渡すのが一般的です。