キリスト教式とは

本来はキリスト教徒が教会で行う挙式です。キリスト教には大きく分けて「カトリック」と「プロテスタント」のふたつの宗派があります。それぞれ、信じる神も結婚に関する考え方もほぼ同じですが、制度や儀式に違いがあります。また、教会とチャペル(礼拝堂)も大きく異なりますので、この違いを把握しましょう。まず宗派ですが、カトリックの教会で挙式をするには、結婚するふたりのどちらかがキリスト教信者であることが原則です。一方、プロテスタントの教会は、ふたりが信者でなくても式を挙げることができます。また、教会(チャーチ)は公的な祈りの場で、本来は信者が礼拝を行う場所です。ホテルや式場にあるに併設されているのは教会ではなく、結婚式用の施設として建てられたチャペルと呼ばれる礼拝堂です。

日本で行われているキリスト教式の挙式のほとんどは、プロテスタントのチャペル挙式です。また、憧れの教会がカトリックの場合、「信者じゃないから」と簡単に諦めずに、まずは神父さまに相談してみましょう。軽い気持ちでなく、本当にこの教会で挙げたいという真摯な気持ちが伝われば、挙式前に数回「結婚講習」などを受けキリスト教の教えを学ぶことによって、受け入れてくれる場合もあります。

ここでは、日本でもっともポピュラーな「チャペルで挙げるプロテスタントのキリスト教式」についてを紹介します。

キリスト教式のスタイル

真っ白なドレスでバージンロードをゆっくり歩く…。女性なら誰でも憧れるシーンです。キリスト教の挙式は、真っ白なウエディングドレスとタキシード姿で行います。親族だけでなく親しい友人知人も参列してもらえます。挙式の後は、フラワーシャワーに包まれるなど、厳かな雰囲気と華やかなシーンが味わえます。

儀式の内容

チャペルでの一般的な挙式は約20〜30分。進行役でもある牧師先生が指輪交換や証明書へのサインなどを取り仕切ってくれます。事前にリハーサルや牧師先生によるレクチャーがあるので安心です。主な誓いの儀式は、聖書の教えを朗読し、神に祈りを捧げたのち、結婚の誓約と結婚成立の宣言をし、誓約書に署名をします。

■聖書朗読・祈祷(きとう)牧師が聖書の中から婚姻に相応しい愛の教えを朗読するので、静かに拝聴します。朗読後、神に祈りを捧げます。■誓約牧師が、新郎、新婦の順にそれぞれに結婚誓約の問いかけを行います。それぞれ「はい、誓います」と答え、永遠の愛を誓います。■祈祷・宣言新郎新婦の右手を重ね、そのうえに牧師が手を置いてふたりに神の祝福があることを祈ります。そして、牧師が神と列席者の前で、ふたりが夫婦であることを宣言します。■誓約書に署名新郎、新婦の順に結婚誓約書に署名をします。

これは主な結婚を誓う儀式です。この他にも、讃美歌を歌ったり、結婚の印を交わしたりなどの儀式があります。

キリスト教式の特徴

【メリット】・多くの人に参列してもらえる・神聖な雰囲気と華やかさな雰囲気が味わえる【デメリット】・施設のチャペルだと、宗教色に欠ける

キリスト教式の予算

ホテルや結婚式に併設されているチャペルの場合は、パックプランなどお得なセット価格が設定されています。独立した教会で挙式する場合は、献金という形で10万〜15万円ほどを納めます。また、別途牧師先生や、神父さまに1〜2万円のお礼を渡すのが一般的です。

子供英会話イーオンキッズ(AEON KIDS)
子供英会話ならこちら