結婚準備にいくら必要?

結婚するにあたってとても大事なことは、結婚に必要なお金がどのくらいかかるかということ。まず「結婚式の費用」「新生活の費用」「新婚旅行の費用」と大きく3種類の費用が必要になります。結納、両家の顔合わせ、婚約指輪、結婚指輪、挙式披露宴、新婚旅行にかかる総額の平均はおよそ425万円程度だといわれています。これには新生活の費用は含まれていませんので、結婚には相当な費用がかかることが分かります。もちろんこれは平均金額ですので、予算に応じて、結納や結婚式の規模を決めていけば、節約もできるでしょう。しかし、無計画に行っていくと、あっという間にこの平均金額も超えてしまいます。

結婚費用の考え方を決める

結婚費用は、しっかりと「何にどのくらいの費用をかけられるか」ということと、「最低限やりたいこと」を明確にしておくことが大切です。よくありがちなのは、「一生に一度だから」「せっかくだから、良いものを」といって、どんどん予算がオーバーしてしまうことです。確かに、一生に一度でやり直しのきかないことなので、後悔のないようにすることも大切です。しかし、費用が十分に足りて入れば問題はないのですが、予算が決まっている場合、どう考えるかが重要です。例えば、「どのセレモニーも省かずに、結婚までのプロセスを一通り行う!」というように、全て実施することを重要視するのか、「結婚式を盛大に華やかにしたいから、結納はせずに新婚旅行は近場の海外に」などと、やりたいことにメリハリをつけるのか、を決めましょう。そしてその考えをふたりの間でしっかり共有し、家族にも伝えておくと、トラブルを防ぐことができます。やりたいこと、叶えたい憧れは尽きませんが、「一生に一度だから」を理由に無理をし過ぎてしまうと、結婚生活に響いてきますので、ここは現実も踏まえながらしっかり管理していきましょう。

子供英会話イーオンキッズ
お子さんの将来のために