結婚式のスタイルを検討する

最近は、結婚式のスタイルも多様化し、ふたりのこだわりが存分に発揮できる結婚式を楽しめるようになっています。また、ウエディングプランナーという職業が確立されたおかげで、型どおりの演出に縛られることもなく、サプライズやオリジナル性を重視した演出を一緒に考えたり、提案してくれるようにもなりました。ここでは、おおまかにどんな結婚式のスタイルがあるのかを簡単に紹介します。

【挙式スタイル】■神前式:神社で神様に結婚を誓う■キリスト教式:教会で神父を通じて神様に結婚を誓う■人前式:列席者に結婚を誓う■仏前式:先祖に結婚を報告する

【披露宴スタイル】■ホテルウエディング:ホテルの会場で、格式高く行うスタイル■結婚式場ウエディング:専門式場の会場で、プロにお任せする安心のスタイル■ゲストハウスウエディング:一軒家を貸し切って、優雅なひとときを味わえるスタイル■レストランウエディング:レストランを貸し切って、料理と会話にこだわるスタイル■料亭・旅館ウエディング:料亭を貸し切って、和の雰囲気を楽しむ情緒溢れるスタイル■ガーデンウエディング:日本庭園やローズガーデンなどを貸し切って、和やかで心地よいスタイル■船上ウエディング:クルーザーや客船を貸し切り、雄大で開放感溢れるスタイル

【食事スタイル】■着席ディナースタイル:指定の席に着席してもらい、フルコース料理を振る舞う■着席ビュッフェスタイル:指定の席に着席してもらい、料理は各自で取り分けてもらう■立食ビュッフェスタイル:自由に会場を歩きながら、料理は各自で取り分けてもらう

【結婚式の場所】■海外ウエディング:新婚旅行を兼ねて、海外の教会で挙式を行うスタイル■国内リゾートウエディング:家族と旅行を楽しみながら、ロケーションを重視するスタイル

【カジュアルなスタイル】■フォトウエディング:挙式披露宴を行わずに、新郎新婦の衣装で記念撮影のみを行うスタイル■入籍婚:特別なことは行わずに、入籍と報告のみのスタイル

このように、結婚するふたりのニーズに合わせて、さまざまなスタイルが確立されてきました。まず、自分達がどんなスタイルで挙式・披露宴を行いたのかをいくつかのパターンを考えて、予算を調整していく方がよいでしょう。