プランナーと上手に付き合う

ふたりの結婚式のカギを握るといえるほど、大きな存在のプランナー。プランナーはふたりの希望やこだわりを聞き出し、結婚式をトータルコーディネートしますので、ふたりがイメージする結婚式をいかに上手に分かりやすくプランナーに伝えるかが重要です。それにはまず、ふたりの中でイメージや希望がはっきりしていることです。好き・嫌いがはっきりしていればプランナーも提案がしやすく、アイディアも湧き上がるでしょう。ふたりの最大の協力者であるプランナーですが、仕事ですので売上目標などが課せられていることがあります。そのため、打ち合わせを進めていく中で、追加料金が必要なものを勧められる場合もあるでしょう。しかし、むやみやたらに勧めているわけではありません。ふたりの結婚式がよりよくなることを前提に考えているので、不愉快にならずしっかり検討したうえで、予算や希望に合わないものははっきりと断りましょう。

打ち合わせの時間を有効に使う

プランナーとの打ち合わせの回数は限られています。打ち合わせの前には、質問したいことや相談したいことをまとめておきましょう。また、「次回の打ち合わせまでに席次を決めてきてほしい」などと宿題を出されます。これはきちんと期日を守って提出するようにしましょう。逆に、こちらから「次回の打ち合わせには○○の提案がほしい」などと宿題を出してもかまいません。